産経WEST for mobile

別れ話もつれた末…女性「(巡査長の)妻や警察に言う」→「カッとなった」逮捕の巡査長、被災地支援で宮城県警に特別出向中に知り合う

記事詳細

別れ話もつれた末…女性「(巡査長の)妻や警察に言う」→「カッとなった」逮捕の巡査長、被災地支援で宮城県警に特別出向中に知り合う

更新

女性が殺害された大阪市東住吉区のマンション =25日午前10時20分、大阪市東住吉区(頼光和弘撮影) 大阪市東住吉区のマンションで住人の医療事務員、白田光さん(23)の首を絞めて殺したとして、大阪府警に逮捕された府警阿倍野署地域課の巡査長、水内貴士容疑者(26)=同府寝屋川市幸町=が、動機について「別れ話のもつれからカッとなってしまった。取り返しのつかないことをした」と供述していることが25日、府警への取材で分かった。「ベルトで首を絞めた」と容疑を認めているという。

 府警によると、水内容疑者は、東日本大震災の被災地支援で宮城県警に特別出向していた平成25年5月、宮城県内で開かれた若い男女の出会いイベント「街コン」で知り合い、間もなく付き合い始めた。白田さんは当時、県内の大学に通っていた。大阪府警に帰任後の昨年8月に妻(26)と結婚したが、白田さんには事実を隠したまま関係を続けた。しかし、昨年末に結婚を知られたことで、トラブルになったとみられる。

 府警に戻った水内容疑者は昨年4月から阿倍野署地域課で勤務。同じころ、白田さんも大阪市内の病院に就職した。白田さんは入院患者の転院や生活相談に応じる業務を担当。真面目な働きぶりが評判で、上司の男性は「トラブルを抱えているように見えなかった。本当にショックだ」と肩を落とした。

 水内容疑者の府警への説明では、別れ話が出たのは昨年末。事件当日の24日も別れ話になり、「(白田さんとの関係を)妻や(勤務先の)阿倍野署、大阪府警本部に言うと言われ、カッとなった」と供述しているという。

 水内容疑者は24日午前に事件が発覚した後、府警の任意の事情聴取に白田さんと面識があることを認める一方、「殺されたことは知らない」と事件との関わりを否定していた。25日未明になって一転して犯行を認めたことから、殺人容疑で逮捕された。

 水内容疑者は剣道5段で18年に巡査を拝命。上司も白田さんとの交際を知らなかった。事件直後には勤務先の阿倍野署で、剣道の練習に参加していた。

ランキング