東京オリンピックまであと

PR

【東京2020~五輪が開いた扉(中)】AI、5G…先端技術の「ショーケース」

PR

 1964年の東京五輪の開会式を振り返る映像は鮮やかなカラーとなっている。五輪史上初めてカラー放送が行われ、一般家庭へカラーテレビが普及する契機にもなった。

 五輪は先端技術の「ショーケース」であり、そのPR効果は絶大だ。五輪のレガシー(遺産)となった日本の技術は数多い。前回の東京五輪をみても、NECが世界初の衛星中継を実現したほか、日本IBMがオンラインシステムでリアルタイム記録速報を可能にした。東京-新大阪間で開通した東海道新幹線は高速鉄道の先がけだ。

 今回の2020年東京五輪・パラリンピックでは、人工知能(AI)や第5世代(5G)移動通信システム、ビッグデータといった最新のデジタル技術が競技の観戦や採点、関係者の安全確保まであらゆる場面で使われ、日本の存在感向上に貢献することになる。

 

 バドミントン男子決勝、勝負をかけた桃田賢斗の時速400キロを超えるスマッシュがコートに突き刺さる。観客はわずか数メートルの距離で金メダル獲得の瞬間を目の当たりにする-。

 実は、この観戦会場はコートから遠く離れた場所にある。目の前でプレーしているかのようにみえる選手の姿は全て立体のホログラム映像だ。映画「スターウォーズ」の世界を思い起こさせる観戦方法が今回の東京五輪で実現するかもしれない。

 NTTの映像通信技術「Kirari!」。現実空間に3次元(3D)の映像や文字情報を重ねて表示する「拡張現実(AR)」技術を応用したもので、AIが2D映像を3Dに瞬時に変換し、特殊なスクリーンに立体映像を映し出す。

 数万人が集まるスタジアムでは5Gも本領を発揮する。客席から俯瞰(ふかん)しながら手元のスマートフォンにはお気に入りの選手だけを映し続けるといった1人1人異なる観戦が可能になる。

 一方、体操5種目では富士通の自動採点支援システムが導入される予定だ。演技中の選手に3Dレーザーセンサーで毎秒約200万回レーザー照射し、その反射から動きを立体的に把握。AIを活用し関節の位置や体の角度、技を自動認識して採点する。同社推進本部シニアディレクターの藤原英則は「競技以外でも高齢者フィットネスクラブでの身体可動域の確認や伝統芸能の所作の記録などで活用できる」と語る。

 

 選手やボランティアの安全確保のため、競技場や選手村では最新の顔認証システムが導入される。カメラ付きゲートを通る際に事前登録した顔写真のデータと照合、不正な入場を防ぐ。

 システムを手掛けるのはNEC。同社の技術は他人と間違える確率が100万回に1回しかない。しかも1秒に1億5千万件を処理できる。最近はAIで精度を高め、マスクを装着したり、サングラスを掛けたりしても識別可能となった。

 同社のシステムは9月20日開幕のラグビーW杯でも一部採用され、来春からは成田空港の搭乗手続きにも使われる予定。顔認証が当たり前の暮らしはもう目前だ。

 五輪で30年以上にわたりトップスポンサー契約を結んできたパナソニック推進本部長の井戸正弘は「『五輪のおかげでこの技術が世に出た』といわれるような種まきをしたい」と強調した。(敬称略)

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報