PR

競泳・池江、日本選手権で望外の4冠締め 五輪へ「使命果たす」

PR

女子50メートル自由形決勝 優勝した池江璃花子=東京アクアティクスセンター
女子50メートル自由形決勝 優勝した池江璃花子=東京アクアティクスセンター

 競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権最終日は10日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、池江璃花子が女子50メートル自由形を24秒84で制した。

 50メートルバタフライで優勝を飾ってから、約1時間後に行われた50メートル自由形。池江は力強いガッツポーズを見せながら入場した。「勝てるか勝てないか不安があったけど、絶対勝つと意気込んだ」。言葉通りラスト15メートルでスッと抜け出し、軽やかに1位でフィニッシュ。大病を乗り越えての4冠に「自分を褒めてあげたい」と充実感をにじませた。

 ライバルとの争いだけでなく、疲労との闘いを制した。4日の100メートルバタフライ、8日の100メートル自由形を制した後はどっと疲れが押し寄せた。念入りなクールダウンや徹底した食事管理。早めの就寝を心がけていたものの、プール練習再開から1年あまりの体には負担が大きかった。50メートル自由形の棄権も頭をよぎったが、「行けます」と出場を志願。強い意志で8日間の計11レースを完泳した。

 西崎勇コーチによると、大会前に「五輪を目指そう」という会話は一度もなかったという。それどころか、苦しい戦いすら予想していた。

 ところが、蓋を開けてみれば、天性の勝負師は出場全4種目で復帰後のベストタイムを更新。リレー2種目での五輪切符をつかみ取った。

 「思っていた以上に成績も良かった。自分の持っている日本記録にも着実に近づいている」と手応えを得た。夏の祭典まで約3カ月。「代表に決まったからには、しっかり自分の使命を果たさないといけない。五輪本番までに、さらに体力はつくと思う。全力でチームに貢献したい」。3年ぶりの日本選手権で復活を印象付けた20歳の言葉は力強かった。(川峯千尋)

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報