PR

競泳池江、女子50メートル自由形も制す 日本選手権4冠を達成

PR

 女子50メートルバタフライ決勝 優勝した池江璃花子=東京アクアティクスセンター
 女子50メートルバタフライ決勝 優勝した池江璃花子=東京アクアティクスセンター

 白血病から復帰した競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が10日、東京五輪代表選考を兼ねる日本選手権(東京アクアティクスセンター)で50メートル自由形決勝に出場し、24秒84で優勝した。個人の派遣標準記録(24秒46)には届かなかったが、100メートルのバタフライと自由形、非五輪種目の50メートルバタフライと合わせて4冠を達成した。

 2019年2月に白血病を公表した池江は、闘病を経て昨年8月に実戦復帰。今大会で400メートルメドレーリレーと400メートルリレーの2種目での五輪切符をつかんでいる。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報