PR

池江、2種目目の五輪切符へ前進「楽しみ」

PR

女子100メートル自由形準決勝のレースを終え、電光掲示板を見る池江璃花子。全体の1位で決勝に進んだ=東京アクアティクスセンター
女子100メートル自由形準決勝のレースを終え、電光掲示板を見る池江璃花子。全体の1位で決勝に進んだ=東京アクアティクスセンター

 すでにメドレーリレーの代表権を手にしている池江が7日、2種目目の五輪切符に大きく前進した。女子100メートル自由形準決勝を54秒36で泳ぎ、全体トップで8日の決勝に進出。すでに400メートルリレーの派遣標準記録54秒42を突破しており、「この感じでいくと(決勝は)53秒台は出るかな。王座奪還は先の話かなと思っていたが、頑張りたい」と涼しい顔だった。

 代表権を獲得した4日の100メートルバタフライの後は、「経験したことのない体の重さだった」という。それでも、しっかりと中2日で調整。7日朝の予選では前半から飛ばして54秒30をマーク。1月の北島康介杯で出した55秒35から大きくタイムを上げていた。

 東京五輪の代表選考は決勝の成績が対象となる。リレーだけでなく、個人種目での派遣標準記録53秒31も視野に入ってきた。大会前には一番楽しみな種目に挙げていた。池江は「楽しみ、イコール自信があるととらえてもらえたら」と不敵な笑みを浮かべた。(川峯千尋)

この記事を共有する

おすすめ情報