PR

萩野5種目、池江は4種目 競泳の東京五輪選考会エントリー

PR

 日本水連は13日、競泳の東京五輪代表選考会を兼ねる日本選手権(4月3~10日・東京アクアティクスセンター)のエントリー申請状況を公表し、男子の萩野公介(ブリヂストン)は5種目、女子の池江璃花子(ルネサンス)は4種目に登録した。

 萩野は200メートル個人メドレー、100メートルと200メートルの背泳ぎ、200メートル自由形だけでなく、指導する平井伯昌コーチが回避を示唆した400メートル個人メドレーも選択した。

 池江は既に発表していた通り、50メートルと100メートルのバタフライと自由形の計4種目にエントリーした。50メートルバタフライは非五輪種目。男子の瀬戸大也(TEAM DAIYA)は代表に決まっている200メートルと400メートルの個人メドレーに加え、200メートルバタフライに申請した。

 女子の大橋悠依(イトマン東進)は200メートルと400メートルの個人メドレー2種目。男子200メートル平泳ぎは20歳の佐藤翔馬(東京SC)や渡辺一平(トヨタ自動車)らが名を連ねた。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報