PR

池江璃花子、復帰5戦目で初優勝 

PR

女子50メートルバタフライで日本学生新記録を樹立し、表彰状を手に写真に納まる池江璃花子 =東京辰巳国際水泳場(代表撮影)
女子50メートルバタフライで日本学生新記録を樹立し、表彰状を手に写真に納まる池江璃花子 =東京辰巳国際水泳場(代表撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 白血病から復帰した競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)が21日、東京都オープンで女子50メートルバタフライに出場し、復帰5戦目で初優勝を飾った。予選を26秒38で1位通過し、決勝では25秒77までタイムをあげた。自身が持つ日本記録25秒11まで0秒66と迫った。

 同種目は非五輪種目だが、4月の日本選手権の参加標準記録27秒52も突破した。池江は「今の日本ランク1位のタイムを大幅に更新できたことにびっくりしたし、うれしかった。いまの状況では85点くらいあげてもいい」と語った。

 日本選手権については「出る方向で決まっている」と話し、東京五輪挑戦について問われると「(五輪が)あるかないか決まってないが、アスリートとして狙っているところは一緒。そこに向けて全力で頑張る」と話した。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報