PR

春の選抜に続き夢絶たれ…健大高崎と桐生第一悔しさにじませ 群馬

PR

会見に臨んだ健大高崎の青柳博文監督(左)と戸丸秦吾主将=20日、群馬県高崎市(椎名高志撮影)
会見に臨んだ健大高崎の青柳博文監督(左)と戸丸秦吾主将=20日、群馬県高崎市(椎名高志撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、戦後初の中止が決まった夏の甲子園。休校が続き、練習もできない状況でも甲子園を目指していた群馬県内の高校球児からは落胆の声がもれた。中でも高崎健康福祉大高崎(健大高崎)と桐生第一は出場が決まっていた春の選抜高校野球大会に続いて夢が絶たれる結果となり、悔しさをにじませた。

 中止が決まった20日、健大高崎の青柳博文監督は「非常に無念で悔しい」と険しい表情で語った。

 「投手力、攻撃力とも高い水準にあって全国制覇できるチームだった」と選手らを評価し、「(3年生は)大学など次のステージで活躍できるよう、できる限りのことをしていく」と言葉を添えた。

 戸丸秦吾主将は「甲子園でプレーすることを目指してきた選手ばかり。気持ちの整理がつかない」と落胆の様子を隠さなかった。

 代替試合が行われるかどうかは不明だか、今後については「練習試合でも何でもいい。ただただ、みんなと一緒に野球をしたい」と振り絞るように話した。

 桐生第一の今泉壮介監督はチームが練習に使う桐生大(みどり市)の野球グラウンドで取材に応じた。

 「予想はしていたが、中止が現実となると、生徒たちに何と言っていいかという思いとともに一人一人の顔が浮かんできた。甲子園でプレーさせてあげたかった」と肩を落とした。

 広瀬智也主将は埼玉県坂戸市の自宅からウェブを通じて「夏こそはと気持ちを切り替えたが、最後の夏が中止になり、甲子園という球児にとっての夢が消えてしまった。心が重かった」と沈痛な面持ちで話した。

 県高野連の中西信之会長は「断腸の思いであるが、選手の安全と命を守るためには厳しい判断を受け入れざるを得ない」とコメントした。

この記事を共有する

おすすめ情報