PR

夏の甲子園中止を発表 地方大会も開催せず

PR

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本高野連(八田英二会長)は20日、甲子園球場(兵庫県西宮市)で8月10日に開幕予定だった第102回全国選手権大会の中止を正式に発表した。代表校を決める49の地方大会も全て中止することも、この日正午からオンライン形式で開いた大会の運営委員会と理事会で併せて決定。今春の選抜大会も史上初めて中止されており、甲子園大会が春夏とも開かれないのは戦時中を除けば初めてとなる。

 高野連は感染防止のために専門家の助言を得ながら、無観客での開催や開会式の取りやめなどを検討。しかし、大会期間が2週間以上に及ぶことや、出場校の選手に移動・宿泊が伴うことから、感染のリスクは避けられないと判断した。

 また6月下旬から8月初めにかけて予定されている地方大会についても、感染リスクとともに今後再開される授業の支障になりかねないことや、練習が十分に行えない中での開催は選手の負傷を招きかねないことから、中止が相当と判断した。

この記事を共有する

おすすめ情報