PR

現時点で開幕、再開日の確定困難 プロ野球とJリーグのコロナ連絡会議

PR

オンラインで行われた合同記者会見で発言するプロ野球の斉藤惇コミッショナー=11日午前
オンラインで行われた合同記者会見で発言するプロ野球の斉藤惇コミッショナー=11日午前

 プロ野球とJリーグが連携し、新型コロナウイルスへの対応を検討する「対策連絡会議」の第7回会議が11日、オンライン会議で開かれ、感染症の専門家チームから、緊急事態宣言が発令されている現時点で、具体的な開幕日や再開日を確定するのは難しいとする提言を受けた。

 連絡会議後、プロ野球は12球団代表者会議、実行委員会をオンラインで開催し、開幕日などを協議。Jリーグも実行委員会を開き、公式戦の再開日などを話し合う方針だが、具体的な日時の決定は先送りされる可能性が高くなった。

 専門家チームで座長を務める東北医科薬科大の賀来満夫特任教授は「欧州でも(規制)緩和で感染が起こっている。再流行のリスクがある」と述べ、今後、開催に当たり、リスク管理や感染防止策などを定めたガイドラインの作成を決めた。

 プロ野球は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、3月20日の開幕日を延期し、5月中の開幕も断念。来月26日からの交流戦中止も決めており、リーグ戦125試合の実施を模索している。Jリーグは最速で6月13日の再開を目指している。

この記事を共有する

おすすめ情報