PR

楽天が自主練習開始へ 球団施設利用を解禁

PR

 新型コロナウイルスの影響でチームの活動を休止していた楽天は7日、球団施設での自主練習を8日から開始すると発表した。楽天生命パーク宮城と仙台市泉区の球団施設の2カ所に分けて、午前組、午後組と時差をつけて行う。

 風呂や食堂は閉鎖し、ロッカールームも完全入れ替え制とする。本拠地の宮城県では業種を問わず休業要請を解除されたことも考慮し、石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は「宮城県や仙台市に報告し、了承もいただいた。本当にここまで選手たちは休む勇気を持って我慢してくれた」とコメントした。

 楽天は3月29日まで全体練習を行っていたが、感染防止策として、同30日からチーム活動を休止。楽天生命パーク宮城などの施設を閉鎖していた。

この記事を共有する

おすすめ情報