PR

栗山監督「命を守る形に」 開幕へ慎重姿勢崩さず

PR

日本ハム・栗山監督
日本ハム・栗山監督

 日本ハムの栗山英樹監督が7日、オンライン取材に応じ、無観客ながら先月の台湾に続いて韓国プロ野球も5日に開幕したことについて「野球どうこうではなくて、ある程度、命を守る形がつくられているからそうなっている。(日本も)早くその形に持っていかないといけないと改めて感じる」と私見を述べた。

 日本では新型コロナウイルス特別措置法に基づく政府による緊急事態宣言の期間が延長され、開幕の見通しは立っていない。「我慢したことが生きる形にならなければ意味がない。(期間延長の)その判断については納得している。皆さんが野球をやれという状態になるのが一番」と慎重な姿勢を崩さなかった。

この記事を共有する

おすすめ情報