PR

日本高野連、夏の甲子園に向け「引き続き情報収集」 緊急事態宣言延長受け

PR

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、政府の緊急事態宣言が5月末まで延長されたことを受け、日本高野連の小倉好正事務局長は4日、第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕、甲子園)の開催可否について「緊急事態宣言が延長された後の各都道府県の状況を確認するなど、引き続き情報収集に努めさせていただきます」と書面でコメントした。高野連は20日に同大会の運営委員会を開き、開催可否などについて話し合う予定。

 高校野球をめぐっては、今春の選抜大会が史上初めて中止となり、その後も全国9地区の春季大会と47都道府県全ての春季地方大会(準々決勝後に打ち切りの沖縄県を含む)を取りやめた。現在も多くの学校で部活動ができていない。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報