PR

巨人が物まねコンテスト 菅野発案、小中学生が対象

PR

「ものまねコンテスト」を発案した巨人の菅野智之投手(球団提供)
「ものまねコンテスト」を発案した巨人の菅野智之投手(球団提供)

 巨人は1日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で野球がやりたくてもできない子供たちのために菅野智之投手が発案した企画「ものまねコンテスト」を開催すると発表した。中学生以下が対象。ツイッターで7日まで動画を受け付け、菅野が選んだ100人にサイン入りグッズをプレゼントする。

 球団公式ツイッターをフォローし、OBを含む巨人の選手の物まね動画を「#ものまねコンテスト」と「#菅野智之に届け」のハッシュタグ(検索目印)を付けて投稿する。

 小中学生の大会が中止となり、練習も自粛が続いている。つらい状況の子供たちを励まそうと今回の企画を考えた菅野は「単純に似ているものでもいいし、面白いものやマニアックなものなど、アイデアを練って、自信のある作品をぜひ投稿してみて」と呼び掛けた。

この記事を共有する

おすすめ情報