PR

開星の前監督ら処分案上申 日本高野連

PR

 日本高野連は28日、審議委員会を開き、部費を私的に流用していたことが明らかになっていた開星(島根)の前監督ら3人の処分案を、日本学生野球協会審査室に上申することを決めた。同校は甲子園大会に春夏合わせて計13度出場している。

 関係者によると、私的な飲食などに使っていたとみられる。3人は保護者の求めに応じて約300万円を返済している。

 3年生部員が2年生部員の顔を殴り、右目の上を縫うけがを負わせていた文星芸大付(栃木)は厳重注意とした。

この記事を共有する

おすすめ情報