PR

新型コロナ感染の阪神・藤浪らが会見「非常に軽率だったと思う」

PR

新型コロナウイルス感染の発表後、公の場で初めて取材に応じた阪神の藤浪晋太郎投手=23日午後、兵庫県西宮市(代表撮影)
新型コロナウイルス感染の発表後、公の場で初めて取材に応じた阪神の藤浪晋太郎投手=23日午後、兵庫県西宮市(代表撮影)

 新型コロナウイルス感染から復帰したプロ野球阪神の藤浪晋太郎投手(26)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)が23日、兵庫県西宮市内の球団事務所で代表取材による記者会見を行った。藤浪は「大変なご迷惑をおかけし、深く反省している」と陳謝した。

 3選手は3月14日に球団外の人物らとの食事会に参加。藤浪は3月下旬に嗅覚の異常を訴え、26日に3選手の新型コロナ感染が判明した。

 会見に臨んだ藤浪は「チームとして(外出)禁止とは言われていなかったが、自分の中で『まさか自分が』と、認識があまりなかった。自分がなるなんて思わないで行動したこと。そのあたりが軽率だった」と反省の弁を述べた。体調については27日の入院当初から嗅覚はすでに戻っており、入院中は「完全に無症状」だったという。

 また、伊藤隼は「プロ野球選手である以上、グラウンドで取り返していくしかないと思う」と語った。

 3選手は甲子園球場に自主練習に訪れていた選手らにも謝罪。24日に自主練習を開始するという。

 阪神は3月27日に3選手の新型コロナ感染を発表。4月8日までに選手全員が退院し、その後は自宅や宿泊施設で療養していた。球団は14日までチームの活動を休止し、自宅待機を指示。他の選手は15日に球団施設での自主練習を再開した。

この記事を共有する

おすすめ情報