PR

プロ野球、交流戦を中止 5月中の開幕断念

PR

 プロ野球の12球団代表者会議が17日、オンライン会議で開かれ、5月中の開幕断念や今季の交流戦の中止を決めた。斉藤惇コミッショナーは「選手のコンディションを考えても、5月中の開催は断念せざるを得ない。日本シリーズまでの日程などを考慮して、交流戦の開催を見送らざるを得ないという結論に達した」と説明した。

 2005年に導入された交流戦が中止になるのは初めて。今季は5月26日から6月14日まで、各球団18試合が予定されていた。無観客での試合開催の可能性については、斉藤コミッショナーは「状況が状況なのでそういうことも否定できない」と述べた。

 プロ野球は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、当初の3月20日の開幕日を延期。4月24日の開幕を目指していたが、状況は好転せず、再延期している。開幕日は4月下旬から5月上旬に決めたい意向。

この記事を共有する

おすすめ情報