PR

新型コロナウイルス感染の梨田氏が一般病棟へ

PR

梨田昌孝氏
梨田昌孝氏

 新型コロナウイルスに感染した元プロ野球近鉄監督で野球評論家の梨田昌孝氏(66)が17日、入院中の大阪府内の病院で集中治療室(ICU)から一般病棟に移ることが決まったとマネジメント会社が発表した。

 14日に人工呼吸器を外し、容体は安定しているという。同社は「今後は一般病棟にて快方に向けて治療に専念する」としている。

 梨田氏は3月25日に倦(けん)怠(たい)感を訴え、30日に呼吸困難の症状が出て病院で受診し、31日に重度の肺炎と診断されて入院。4月1日に陽性が判明していた。

この記事を共有する

おすすめ情報