PR

東京六大学野球、1回戦総当たりに…74年ぶり、開幕は5月下旬

PR

神宮球場のグラウンドで取材に応じる東京六大学野球連盟の井上崇通理事長=5日
神宮球場のグラウンドで取材に応じる東京六大学野球連盟の井上崇通理事長=5日

 東京六大学野球連盟は5日、東京・神宮球場内で臨時理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大を受け、春季リーグ戦(神宮)の開幕を4月11日から5月下旬に延期し、1回戦総当たりに変更して準備することを決めた。同連盟によると、開幕の大幅延期は初めて。1回戦総当たりで開催されれば74年ぶりとなる。

 5月中旬の開幕を目指していたが、開催時期を熟慮。今後の情勢によって無観客試合や中止の可能性も検討する。

 従来の2戦先勝方式の勝ち点制では日程消化が難しく、1日3試合はプロ野球併用日との都合がつかないことから、方式変更を協議した。1回戦総当たりは「野球統制令」の制限による1940年秋、41年秋、42年秋と戦後最初の46年春に実施された前例がある。

 同連盟の井上崇通理事長は「予断を許さない状況で、場合によっては6月の開幕、中止も考えている。勝率によって1位を決めていく」と述べた。感染拡大防止のため、理事長は屋外の神宮球場のグラウンドで取材に応じた。

この記事を共有する

おすすめ情報