PR

プロ野球が開幕再延期 143試合から削減検討へ

PR

甲子園球場外観=兵庫県西宮市 (本社ヘリから、安元雄太撮影)
甲子園球場外観=兵庫県西宮市 (本社ヘリから、安元雄太撮影)

 プロ野球は3日、12球団代表者会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で延期しているセ、パ両リーグ公式戦開幕を、目標としていた24日からさらに延期すると決めた。斉藤惇コミッショナーは記者会見で、新たな開幕日を現時点で決めることは困難で、4月下旬から5月上旬に決定したいとの考えを示し「当初強く希望していた143試合の予定を減らすことも検討せざるを得ない」と述べた。

 代表者会議に先立ち、サッカーのJリーグと連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第5回会議が開かれ、専門家チームからできる限り延期するべきだとの提言を受けていた。

 公式戦開幕は当初3月20日の予定だった。大幅にずれ込むことで、各球団143試合のレギュラーシーズンの全日程消化は難しくなった。

 3月26、27日に阪神の3選手の感染が確認され、チーム内での感染リスクを改めて突き付けられる事態となっている。

この記事を共有する

おすすめ情報