PR

早期の公式戦開催は困難 プロ野球とJリーグ、専門家チーム提言

PR

 プロ野球とサッカーのJリーグが新型コロナウイルスの感染拡大に連携して対応するために設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」は3日、第5回会議を開き、専門家チームから4月中の公式戦の開催は非常に難しいとの提言を受けた。プロ野球の斉藤惇コミッショナーとJリーグの村井満チェアマンは記者会見で早期の開催は難しいとの認識を示した。

 プロ野球は3月20日に予定していた公式戦開幕を延期し、今月24日のスタートを目指していた。斉藤コミッショナーは「残念ながら現況は厳しくなってきている。12球団と話し合いを持つことになるが、延長は覚悟しなければならないと考えている」と述べた。午後に12球団代表者会議を開いて開幕日について協議する。

 Jリーグは25日にJ3を開幕させ、5月2日にJ2、同9日にJ1を再開させるスケジュールを目標にしているが、開催は難しい状況になった。

 プロ野球、Jリーグともに複数の選手の感染が明らかになり、チーム内での感染予防も課題となっている。

この記事を共有する

おすすめ情報