PR

阪神が4月2日以降も活動休止へ 新型コロナ感染拡大防止で

PR

陽性反応を示した阪神・藤浪晋太郎=鳴尾浜球場(撮影・水島啓輔)
陽性反応を示した阪神・藤浪晋太郎=鳴尾浜球場(撮影・水島啓輔)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロ野球阪神は30日、練習再開予定だった4月2日以降も活動を休止することを発表した。

 阪神は藤浪晋太郎投手、伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手の3選手の新型コロナウイルス感染が判明。それを受けて、4月1日までチームの練習を取りやめ、選手やスタッフに自宅待機を指示していた。球団は活動休止について「当面の間」としている。プロ野球選手で初めての感染を受け、阪神以外の他の球団でもチーム練習を一時休止するなどの影響が広がっている。

 藤浪ら3選手は14日に大阪市内で計12人の食事会に参加。この食事会に同席していた大阪市の女性2人と神戸市の女性1人の感染が確認されている。

この記事を共有する

おすすめ情報