PR

「1週間500球以内」投球制限など付記 日本高野連、特別規則

PR

 記者会見する日本高野連の小倉好正事務局長=19日午後、大阪市
 記者会見する日本高野連の小倉好正事務局長=19日午後、大阪市

 日本高野連は19日、大阪市内で理事会を開き、1人の投手が投球できる総数を1週間で500球以内とする「投手の投球数制限」と、投球せずに打者を四球とする「申告故意四球(申告敬遠)」を、高校野球特別規則に付記として定めた。

 投球数制限は日本高野連と都道府県高野連が主催する公式戦と明治神宮大会、国体が対象で、500球に到達した打者の打撃完了までは投球が可能。2022年までの3年間は試行期間となる。

 運用方法についても報告され、導入開始となる今春の選抜大会では、甲子園球場の電光掲示板に、その試合での投球数を表示する方向で調整を進めている。申告敬遠はベンチからの伝令で球審に意志を伝える。打席途中からでも適用可能で、申告後はその打者への投球数は加算されない。

この記事を共有する

おすすめ情報