PR

新型肺炎で大規模イベント自粛相次ぐ 主催者苦悩 どうなる甲子園

PR

 新型コロナウイルスの国内での感染拡大を受け、人が集まる行事を控える動きが全国各地で加速している。天皇誕生日の一般参賀(23日)が取りやめとなったほか、一般ランナーの参加を見送った東京マラソン(3月1日)など、スポーツイベントで特に顕著だ。感染経路が不明な事例が続々と判明する現状に、来場者の安全や健康を預かる主催者側は難しい判断を迫られている。

 安倍晋三首相は18日、首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、大規模イベントの開催に関し「専門家の意見を聞いた上で開催時期の見直しの必要性なども含め、国民に適切な情報提供を速やかに行ってほしい」と呼びかけた。

 大会を主催する東京マラソン財団が17日に一般ランナーの参加取りやめを公表したのは、エントリーが約3万8千人と膨大で「感染のリスクがぬぐえない」という判断からだった。

 出走予定だった千葉県市川市の男性会社員(24)は「走れないのは残念だが、国全体のことを考えればよかったと思う」と冷静に受け止める。

 同様の対応は、各地で開催される他のスポーツイベントでも広がっている。

 知的障害者のスポーツ全国大会「スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・北海道」の実行委員会は約1千人が参加し、札幌市などで21~23日に開催予定だった同大会の開催断念を発表した。

 消毒液を約140リットル追加するなど準備してきたが「市中感染が疑われる事例も起きている。障害を抱える方が自分自身で予防するのは難しいと判断した」(担当者)という。

 甲子園球場(兵庫県西宮市)で3月19日に開幕する選抜高校野球大会も、多い日には4万人を超える入場者があることから、感染予防策の必要性に迫られている。日本高校野球連盟は今月19日の定例理事会で対策を話し合うとみられる。

 3月8日に初日を迎える大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)は現状では、通常通り開催する方向だ。来場者にマスク着用やアルコール消毒などを呼びかける予定だが、2月25日に同会場で開催予定だった、力士が乳幼児を抱いて写真撮影するファンサービス企画は、保護者が抱いたまま記念撮影するなど内容を一部変更する。日本相撲協会は、ファンに握手など力士と触れ合う行為の自粛も求めている。

 影響は、スポーツだけにとどまらない。

 パシフィコ横浜(横浜市)などで27日から4日間開催予定だった国内最大のカメラ展示会「CP+(シーピープラス)」は中止に。主催するカメラ映像機器工業会は「来場者などの健康や安全を第一に考えた」と説明した。東京都墨田区も、同区の両国国技館で23日に予定していた約5千人がベートーベンの「第九」を歌うコンサートを中止すると発表した。

 一連の動きについて、東京医科大の濱田篤郎教授(渡航医学)は「感染拡大を防ぐためにも、参加者が何万人という規模になる一般参賀や東京マラソンの一般枠中止などはやむを得ないのではないか」としつつ「現在は国内流行期が始まったところで、現状では数十人、数百人の規模の集会自粛は不要かもしれない。今後、流行を終息に持っていくためにも、自分が感染したときに他人にうつさない対応が重要になる」と話した。

 一方、スポーツ評論家の玉木正之氏は「過剰といえるくらいの準備はしてもいい」としたうえで、開幕まで半年を切った東京五輪への影響について「過去のSARS(重症急性呼吸器症候群)が終息した期間を考えると、延期も念頭にIOC(国際オリンピック委員会)と議論を始めるべきだ」と話した。

この記事を共有する

おすすめ情報