PR

仙台育英、宮城県庁を訪問 選抜甲子園での躍動誓う

PR

村井嘉浩知事(前列左から3人目)に選抜での意気込みを語った仙台育英ナイン=18日、宮城県庁(塔野岡剛撮影)
村井嘉浩知事(前列左から3人目)に選抜での意気込みを語った仙台育英ナイン=18日、宮城県庁(塔野岡剛撮影)

 第92回選抜高校野球大会に出場する仙台育英高の硬式野球部が18日、宮城県庁(仙台市青葉区)を訪問し、村井嘉浩知事に出場を報告した。田中祥都主将は「大会への気持ちは徐々に強くなってきている。チーム状態は良い」と自信をのぞかせた。

 村井知事は同校が昨秋の東北大会で打撃戦を制して優勝したことに触れ、「リラックスして臨めば結果はついてくる。みなさんの活躍が東日本大震災や昨年の台風19号の被災者の励みになる」と激励した。

 同部の須江航監督は「(ベスト8に進出した)昨夏の甲子園を経験しているメンバーもいる。試合を戦いながら強くなり、良い結果を残したい」と語り、田中主将は「地域のみなさんと感動を分かち合えるよう戦いたい」と意気込んだ。

この記事を共有する

おすすめ情報