PR

プロ野球がキャンプイン 東京五輪代表候補にも注目

PR

青島神社を参拝する巨人・原辰徳監督=宮崎市の青島神社(中井誠撮影)
青島神社を参拝する巨人・原辰徳監督=宮崎市の青島神社(中井誠撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 プロ野球は1日、5年ぶりに12球団が一斉に国内でキャンプインした。夏には東京五輪を控え、金メダルを目指す日本代表候補選手の調整ぶりも注目される。

 昨季日本一のソフトバンクやセ・リーグ優勝の巨人、パ・リーグを制し、松坂大輔投手が復帰した西武など5球団が宮崎県内で始動。沖縄県では注目ルーキー佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)を擁するロッテなど7球団がスタートを切る。

 今季は五輪期間中に公式戦を中断する影響で例年よりも日程が前倒しされ、オープン戦は2月16日に始まり、公式戦は3月20日にセ、パ両リーグが同時に開幕する。

この記事を共有する

おすすめ情報