PR

2月1日からプロ野球キャンプイン 西武復帰の松坂、ロッテ新人・佐々木らに注目

PR

宮崎空港でのセレモニーを終え、キャンプ地に向かう西武・松坂=31日、宮崎空港
宮崎空港でのセレモニーを終え、キャンプ地に向かう西武・松坂=31日、宮崎空港

 プロ野球は2月1日に宮崎と沖縄でキャンプインする。12球団が国内で一斉にキャンプインするのは5年ぶり。夏に東京五輪開催を控えるシーズンに向けて、各球団が本格的なスタートを切る。30日、沖縄県には高津新監督のヤクルトが浦添市、三木新監督の楽天が久米島町、ロッテが石垣市に移動し、宮崎市にはオリックスが入った。

 宮崎県では昨季3年連続で日本一に輝いたソフトバンクと5年ぶりにセ・リーグ優勝を果たした巨人、松坂が復帰してパ・リーグ3連覇を狙う西武や佐々岡新監督を迎えた広島など5球団が始動。沖縄県では5年ぶりに国内で動きだす日本ハムや阪神、中日など7球団がスタートする。

 注目のドラフト1位新人はロッテの佐々木朗(岩手・大船渡高)が1軍で、右肘に軽い炎症のあるヤクルトの奥川(石川・星稜高)は宮崎県西都市の2軍キャンプでプロとしての第一歩を踏み出す。

この記事を共有する

おすすめ情報