PR

西武・松坂「3連覇へ力に」 復帰後初のユニホーム姿

PR

70周年の記念ユニフォームを着てポーズをとる松坂大輔=埼玉県所沢市(山田俊介撮影)
70周年の記念ユニフォームを着てポーズをとる松坂大輔=埼玉県所沢市(山田俊介撮影)

 西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手が28日、埼玉県所沢市で出陣式に参加し、復帰後初めてファンの前に姿を見せた。大歓声を浴びながらユニホームを着て登場し「リーグ3連覇へどんな形でもいいので力になれるよう頑張りたい」とあいさつした。

 多くのチームメートとはこの日が初対面で「あいさつはしたけど、全く覚えられない。これから名前と顔を覚えていかないと」と苦笑い。チームでは最年長となり「こういう形で若い子たちばかりを目にするのは想像していなかった。今からキャンプが楽しみ」と話した。

 70メートルほどの遠投を行うなどオフの調整は順調のようで「去年と比べて今年の方が状態がいい」と手応えを感じている様子。キャンプは1軍主体のA班でスタートする。復活を期すシーズンの目標については「ここからキャンプ、オープン戦と過ごしていく中で、ある程度こうなりたいという道筋が見えてきたらいい。今は元気に過ごすことだけを考えている」と話した。

この記事を共有する

おすすめ情報