PR

ロッテ、石垣で合同練習 佐々木朗希「緊張感あった」

PR

 ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)は27日、キャンプ地の沖縄県石垣市で始まった若手選手らによる合同練習で、軽いキャッチボールやランニングメニューで汗を流した。新人だけで行っていた練習とは雰囲気が変わり「緊張感のある中で練習できてよかった」とうなずいた。

 練習の合間にブルペンへ足を運び、二木康太投手ら先輩たちの投球に視線を送った。「それぞれにセールスポイントがあって、一人一人良さが違う。すごいなと思った」と言葉に実感を込めた。

 キャンプ施設などの環境面には「とても充実している。うまく活用したい」と感想を述べた。視察のために同行した井口資仁監督は「どこに何があるか把握した中で、キャンプ初日を迎えられたらいい」と2月1日のキャンプインを心待ちにしていた。

この記事を共有する

おすすめ情報