PR

【大阪国際女子マラソン】レース支えた白バイ隊「セーフティウインズ」

PR

第39回大阪国際女子マラソン。先導する白バイ隊員の林英里巡査長(左)と海堀安美巡査=大阪市東住吉区(撮影・岡本義彦)
第39回大阪国際女子マラソン。先導する白バイ隊員の林英里巡査長(左)と海堀安美巡査=大阪市東住吉区(撮影・岡本義彦)

 大阪国際女子マラソンに出場した選手の先導を務めたのは、大阪府警交通機動隊の女性白バイ隊「セーフティウインズ」の3人。選手との距離を一定に保つなど、高い運転技術を要するが、息の合った走行をみせた。

 先導隊の2人は初参加。乗務歴1年9カ月の林英里巡査長(32)は「選手がベストな走りができるよう心掛けたが、素晴らしいレースになってよかった」。同1年3カ月の海堀安美(かいほり・あみ)巡査(25)は「選手が走りやすいようにと意識した」と振り返った。

 過去2回先導隊を務め、今年は予備隊として後方支援した櫛山(くしやま)絵里佳巡査部長(37)は「大事な試合なので無事に終わるよう祈っていた」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報