PR

選抜出場決定の仙台育英・須江監督「優勝狙える位置にいる」

PR

3年ぶり13度目の選抜出場が決まり、喜びを爆発させる仙台育英の選手たち=24日、宮城県多賀城市(塔野岡剛撮影)
3年ぶり13度目の選抜出場が決まり、喜びを爆発させる仙台育英の選手たち=24日、宮城県多賀城市(塔野岡剛撮影)

 3年ぶり13度目の選抜高校野球大会出場を決めた仙台育英は、同校多賀城校舎(宮城県多賀城市)で出場決定の連絡を受けた。田中祥都主将は「部員の顔を見ているとうれしさでいっぱい」と笑顔を見せた。

 田中主将が「チームの持ち味は打力」と話すように、昨秋の東北大会決勝では鶴岡東との打撃戦を制して優勝した。田中主将は「それぞれがしっかりと持ち味を発揮できるよう準備して、全員で勝ち抜きたい」と前を向いた。

 昨夏の甲子園でベスト8進出を果たした選手も、現在のチームには残っている。須江航監督は「(選抜までの)2カ月弱の取り組みが勝負。甲子園を想定して終盤の粘り強さを発揮できるよう練習したい」とした上で、「目標は優勝。狙える位置にいる」と力を込めた。

この記事を共有する

おすすめ情報