PR

福田秀「新人の気持ち」 ロッテにFA移籍

PR

 ロッテにフリーエージェント(FA)権を行使してソフトバンクから移籍した福田秀平外野手が23日、福岡県糸島市で練習を公開し、「新人の気持ちでいるが、自分も今年で31歳。体のコンディションを考え、張り切り過ぎずにやりたい」と新天地での抱負を語った。

 今オフはソフトバンクとオリックスで計182セーブを挙げ、現役引退後にトレーナーに転身した馬原孝浩氏の下で練習を積み「アスリートの体のことをすごく知っている。体の可動域や柔軟性が向上してきた」と効果を実感している。

 ソフトバンクで定位置をつかむことはできなかったが、ロッテでは外野の一角を担うことを期待される。「レギュラーになるチャンスはあると思う。取れるようにやっていきたい」と意気込んだ。

この記事を共有する

おすすめ情報