PR

佐々木朗は1軍スタート ロッテのドラフト1位新人

PR

 ロッテのドラフト1位新人の佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)がキャンプを1軍でスタートすることが22日、決まった。東京都内でのコーチ会議終了後に井口資仁監督が「吉井投手コーチの下、投球フォームを固めてほしい。まずはしっかり体をつくってもらう」と狙いを語った。

 佐々木朗は11日から行われている新人合同練習で、まだブルペンに入っていない。吉井理人投手コーチは「高校の時の絶好調に戻らないと実戦には行けない。(ブルペンに入るタイミングは)彼の投げている姿を見て決めたい」と話した。

 2位の佐藤都志也捕手(東洋大)、3位の高部瑛斗外野手(国士舘大)、4位の横山陸人投手(千葉・専大松戸高)、5位の福田光輝内野手(法大)も1軍でキャンプに入る。

この記事を共有する

おすすめ情報