PR

「現役ドラフト」今季導入へ詰め

PR

 日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が22日、東京都内で開かれ、出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化させる現役ドラフト制度の導入へ向け議論した。今季からの実施を目指す方向性では一致しており、細部を詰める作業を進めて開幕前の合意を目指す。

 NPB側は21日のプロ野球実行委員会で取りまとめた案を提示した。実施時期は夏場で、各球団が指名対象となる選手を8人ずつ出し合う方式とみられる。

 選手会の森忠仁事務局長は「何とか今年中にという方向で議論をしていただいている。話し合うごとに溝は狭まっている」と述べた。2月のキャンプ中に各球団を回り、NPB案に対する選手の意見を集約する。選手会側の合意が得られれば、3月9日の実行委員会で今季導入が決まる可能性がある。

この記事を共有する

おすすめ情報