PR

野球解説者の北別府学さん 成人T細胞白血病を公表

PR

元プロ野球広島、北別府学さん
元プロ野球広島、北別府学さん

 通算213勝を挙げて広島東洋カープの不動のエースとして活躍した野球解説者の北別府学さん(62)が20日、成人T細胞白血病であることを公表した。

 北別府さんは、2年前に成人T細胞白血病と診断され、月に一度の定期検診で経過観察していたが、昨年11月から数値が上昇。医師と相談し、21日から広島県内の病院に入院するという。今後は化学療法を行い、骨髄移植を行う予定。

 北別府さんは同日、レギュラー出演している広島ホームテレビの番組に生出演し、公表した。自身のブログにも、「皆様へ」という題名で病名などを公表し、「解説者としてカープの日本一を見届ける為に必ずや復活します」とつづっている。

この記事を共有する

おすすめ情報