PR

巨人・原監督が一、二塁の競争を促す

PR

巨人・原辰徳監督=東京都文京区(加藤圭祐撮影)
巨人・原辰徳監督=東京都文京区(加藤圭祐撮影)

 巨人は20日、東京都内でスタッフ会議を開き、キャンプの方針と1軍とファームの振り分けを確認した。原辰徳監督は昨季一、三塁を守った岡本和真内野手を三塁に固定する方針を示し「一塁と二塁は空いている」と話し、一塁候補として北村拓己内野手、山下航汰外野手、中島宏之内野手らに競争を促した。

 山口寿一オーナーも「二塁と一塁が同じリーグの他チームに比べると相対的には弱いかな」と指摘。昨季限りで現役を引退した阿部慎之助2軍監督の手腕に期待し「どれだけ戦力を(1軍に)送れるかがポイント。阿部2軍監督はよく分かっている」とエールを送った。

 会議終了後、原監督やスタッフは日本ラグビー協会の中竹竜二コーチングディレクターによる組織づくりについての講演を聞いた。

この記事を共有する

おすすめ情報