PR

田淵氏が野球殿堂入り 慶大元監督前田氏、早大の石井氏も

PR

野球殿堂入りが決まり、故星野仙一氏のレリーフ前で撮影に納まる田淵幸一氏=14日、東京都文京区の野球殿堂博物館(撮影・斎藤浩一)
野球殿堂入りが決まり、故星野仙一氏のレリーフ前で撮影に納まる田淵幸一氏=14日、東京都文京区の野球殿堂博物館(撮影・斎藤浩一)

 野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りのメンバーを発表し、競技者表彰のエキスパート表彰に阪神、西武で通算474本塁打を放った田淵幸一氏(73)が選ばれた。選手としての功績を表彰するプレーヤー表彰は、該当者なしだった。

 アマ球界などが対象の特別表彰では、東京六大学野球で、慶応大監督として1985年秋に10勝無敗でリーグ制覇を果たすなど、計8度のリーグ優勝に導いた前田祐吉氏(故人)、早稲田大監督として4度のリーグ優勝を飾り、日米大学野球選手権大会の実現に尽力した石井連蔵氏(故人)が選出された。

 田淵氏は法政大から1969年ドラフト1位で阪神に入団。同年、22本塁打を放ち、新人王を獲得した。75年に本塁打王のタイトルを獲得。79年に西武に移籍し、82、83年の連続日本一に貢献し、83年には正力賞を受賞した。引退後は、ダイエー監督、阪神や楽天のコーチを務めた。通算1739試合に出場し、打率・260、474本塁打、1135打点。

この記事を共有する

おすすめ情報