PR

巨人・岡本「自己最高を」 東京五輪出場にも意欲

PR

自主トレを公開しキャッチボールする巨人・岡本和真 =川崎市のジャイアンツ球場(戸加里真司撮影)
自主トレを公開しキャッチボールする巨人・岡本和真 =川崎市のジャイアンツ球場(戸加里真司撮影)

 巨人の岡本和真内野手が11日、川崎市のジャイアンツ球場で練習を公開し、6年目で自己最高の成績を残すことを今季の目標として掲げた。「日本一になって、貢献したと堂々と言えるシーズンにしたい。打率、打点、本塁打はキャリアハイ(自己最高)を目指してやりたい」と意気込んだ。

 2018年に打率3割9厘、33本塁打、100打点をマークしたが、昨季は全ての項目で下回った。オフは走り込みなどで下半身の強化に取り組み、この日もポール間走で汗を流した。「まずは土台をしっかりしたほうが打撃にもいい」と狙いを説明した。

 巨人の4番を任されるようになって3年目。今夏の東京五輪出場にも意欲をのぞかせる。「選ばれたらうれしい。選ばれるということは開幕からしっかり活躍できているということ」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報