PR

小深田、緊張持ってできた 楽天、新人合同練習開始

PR

 楽天のドラフト1位ルーキー小深田大翔内野手(大阪ガス)は11日、楽天生命パーク宮城で始まった新人合同練習に参加し「報道陣の方がいて緊張感がある中で練習できた」と満足そうに振り返った。

 ドラフト5位の福森耀真投手(九産大)は発熱のために休養したが、育成を含む10選手が参加。新人に毎年課せられるシャトルランでは各選手が苦しそうな表情を浮かべながら懸命に取り組んだ。即戦力の遊撃手として期待される小深田は「体力をつけて、もっと走れるようにしたい」と謙虚な言葉の中にも意欲をにじませた。

 視察した三木新監督は「プロ野球の環境にいい意味で慣れていってくれたら。キャンプまでにしっかり練習を積んでほしい」と話した。

この記事を共有する

おすすめ情報