PR

【話の肖像画】福岡ソフトバンクホークス球団会長・王貞治(79)(2)WBCとイチローの存在

PR

第1回ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表練習でイチロー(右)と=平成18年、福岡ヤフードーム
第1回ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表練習でイチロー(右)と=平成18年、福岡ヤフードーム

前のニュース

 《2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本を初代王者に導いた。この大会のプロローグにはイチローさん(当時マリナーズ、現同会長付特別補佐兼インストラクター)の存在があった》

 イチローの存在は大きかったですね。僕はこのとき、チームのキャプテンは決めなかった。日本球界の精鋭集団なので、簡単には決められないのですが、彼のリーダーシップには助けられた。キャンプ初日(06年2月20日)、福岡ドームに集合して全員練習をした。ウオーミングアップして軽いダッシュが最初のメニューだったのですが、彼は1本目から全力疾走した。チームの代表的選手なら、まずはのんびりか、と思っていたら100%で走っていた。他の選手もビックリですよ。キャッチボールも全力でした。

 米国での2次リーグでは、イチローは米国の自宅から通っていたのですが、われわれが練習場に着く頃、もうグラウンドでガンガン打ち込んでいた。キャプテンは決めなかったけれど、イチローは一瞬にしてリーダーになっていました。

 彼は大リーグの最高峰で戦っていた。日本から遠く離れた米国では、常に“日本代表”という意識でいるとも聞いていた。何より一番勝利に飢えていた。不安に思う選手にも「メジャーの選手といったってたいしたことない」と話していたというし、われわれJAPANをひとつにしてくれました。これも彼が国を背負う重みを知っていたからこそだと思います。

 《野球に対する姿勢に感動…》

 WBCの後、何年かして神戸に彼の練習を見に行ったことがあります。年明けの1月、本来ならまだまだゆっくりしている時期なのにガンガン投げて、ガンガン打っていた。彼は日頃からそういうことができるような練習をやっているんですよ。もちろんストレッチも入念にやっていた。ただ素質だけでやっているのではないということを見ました。ズルズルするとか、手を抜くとかというのは一切ない。いきなり真剣でした。高い数字、成績を残している裏側には一切の妥協がない。野球に対する真摯(しんし)な姿勢を感じました。

 《イチローさんは昨年限りで現役引退。年末、自身主催の少年野球大会の席で「尊敬する人は」と尋ねられたとき、「王貞治さんです」と答えた》

 それは光栄なことですね。そういえばWBCでバッティング談議になったとき、「何かのきっかけでバッティングがやさしいと思ったことがありますか」と聞かれた。「一度もない。最後まで悩み続けたよ」と正直に答えたら「僕もです」と。メジャーで3000安打しているのに、打てなかった6000打数に悩む。僕も868本塁打を打ったけど、最後まで悩み続けたタイプなので、イチローも受け止めてくれたんだろうね。

 それにしてもイチローの野球大会とは素晴らしいことですね。イチローが指導したら子供たちはみんな真剣に聞きますよ。これから指導者を目指している選手たちも、イチローのスタイルではなくてもいいので、自分なりに素直な気持ちで勉強して、自分なりの指導法を身に付けてほしいですね、球界のために。(聞き手 清水満)

次のニュース

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報