PR

森福が現役引退 日本シリーズで好救援

PR

 巨人から自由契約となった森福允彦投手(33)が現役を引退することが25日、分かった。巨人に24日に連絡が入った。今季は7試合に登板して0勝0敗、防御率6・23だった。現役続行を希望し、11月に行われた12球団合同トライアウトを受けていた。

 森福は愛知・豊川高からシダックスを経て、2007年にソフトバンク入団。左横手投げの中継ぎとして活躍した。11年の日本シリーズでは無死満塁のピンチを11球で三者凡退に抑えるなど日本シリーズ制覇に貢献。国内フリーエージェント(FA)権を行使し、17年から巨人でプレー。通算423試合に登板し、17勝17敗18セーブ、防御率2・59だった。

この記事を共有する

おすすめ情報