PR

ソフトバンク森は4億6千万円 1億8千万増で4年契約

PR

複数年契約の大幅アップで契約更改し、笑顔で記者会見するソフトバンク・森唯斗=ヤフオクドーム(村本聡撮影)
複数年契約の大幅アップで契約更改し、笑顔で記者会見するソフトバンク・森唯斗=ヤフオクドーム(村本聡撮影)

 ソフトバンクの森唯斗投手が24日、ヤフオクドームで契約更改交渉に臨み、1億8千万円増となる年俸4億6千万円プラス出来高払いの4年契約でサインした。順調にいけば来季、国内フリーエージェント(FA)権を取得する守護神は、大型契約を結び「ここで満足せず、恥じないように進んでいきたい。4年間というより、一年一年ですね」と意気込んだ。

 6年目の今季は昨季に続いて抑えを務め、54試合で35セーブ。背筋を痛め6月中旬から約1カ月離脱したが、復帰後は抜群の安定感を見せた。「来季は絶対けがをしないように。リーグ優勝して日本一になりたい」と気を引き締めた。

 左の中継ぎとして、3年連続50試合以上となる54試合に登板した嘉弥真新也投手は、3千万円増の1億1千万円プラス出来高で更改。初めて大台を突破し「まさか、僕がこうなるとは思ってなかった」と声を弾ませた。(金額は推定)

この記事を共有する

おすすめ情報