PR

DeNA山崎が将来的な米挑戦表明 3・5億円でサイン

PR

契約を更改し会見するDeNA・山崎康晃=横浜市中区の球団事務所(矢島康弘撮影)
契約を更改し会見するDeNA・山崎康晃=横浜市中区の球団事務所(矢島康弘撮影)

 DeNAの山崎康晃投手(27)が20日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億円増の年俸3億5千万円でサインした。交渉で、将来的な米大リーグ挑戦の意向を球団に伝えたことも明らかにした。

 プロ5年目の今季も不動の守護神として君臨。61試合に登板して30セーブを記録し、5年連続20セーブ以上をマーク。2年連続で最多セーブのタイトルを獲得して大幅昇給を勝ち取り、「十分な評価をしてもらって恐れ多い」と笑顔を見せた。

 山崎が最短で海外フリーエージェント(FA)権を取得するのは2023年シーズン。その前に大リーグに移籍するには球団がポスティングシステムの利用を容認する必要があり、「『しかるべきタイミングでお話ししましょう』という話をさせていただいた。来季は日本一に向けて、ベイスターズのために頑張りたい。その延長線上に自分の夢がある」と話した。

 日本代表でも、11月の国際大会「プレミア12」では守護神として世界一に貢献。来夏の東京五輪に向けて「日本代表として金メダルを取れるように頑張りたい」と意気込んだ。(金額は推定)

この記事を共有する

おすすめ情報