PR

【正木利和のスポカル】勇気の建築家、安藤忠雄にボクシングをあきらめさせた男

PR

 「ロマチェンコ、あれは強いなあ」

 建築家、安藤忠雄さん(77)へ申し込んだインタビューが終わりかけたころ、プロボクシングの話になっていった。

 「井上も強いけど、それ以上に強い」

 ウクライナ出身のボクサー、ワシル・ロマチェンコ(31)は、いまや(体重差のない状態で優劣を想定する)パウンド・フォー・パウンド最強と評されているボクサーである。

 アマチュア時代は北京、ロンドンの五輪で金メダルを獲得したエリート。それを名刺がわりにプロ転向後も世界最速でフェザー、スーパーフェザー、ライトの3階級を制覇した強打者である。

建築家、安藤忠雄さんのイチオシのボクサーはロマチェンコ=大阪市北区(前川潤一郎撮影)
建築家、安藤忠雄さんのイチオシのボクサーはロマチェンコ=大阪市北区(前川潤一郎撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 もちろん、井上というのは、日本が誇る軽量級のエース、井上尚弥(26)のこと。こちらもライトフライ、スーパーフライ、バンタムの世界3階級を制した無敗の王者だ。

 「まあ、階級が違うからあの2人が戦うことはないやろうけど、とにかくロマチェンコは別格や」

 なぜ、安藤さんとボクシング談義になったのかといえば、かつてボクシング記者だった筆者がプロボクサーだった経歴をもつ安藤さんに、近ごろのプロボクシングはいかがですか、と水を向けたせいだった。

 そこから、安藤さんは立て板に水のようにボクシングのことを語り始めたのである。

     □    □

 「そりゃあ、パンチが一番効くのはこめかみやね。当たったら一発で倒れる。しかし、ここにきれいにナックルを当てるのは、めちゃくちゃ難しい」

 「レバーブロー(対戦相手の肝臓周辺を狙う一打)もよく効く。でも、あそこもなかなか狙って打ってもきれいに当たらないんやなあ…」

 興がのってきたのであろう、安藤さんはリングに上がったことのある者だけが知る、リアルな体験談に熱弁をふるい始めた。

パウンド・フォー・パウンド最強の呼び声も高いロマチェンコ(ロイター)
パウンド・フォー・パウンド最強の呼び声も高いロマチェンコ(ロイター)
その他の写真を見る(2/2枚)

 17歳でプロボクサーになった安藤さんは、6回戦まで行った。

 ところが、あるときを境に、青春をかけたボクシングをすっぱりとあきらめることになる。

 ひとりの天才ボクサーの練習を見てしまったせいだ。

 「とにかくすごかった。疲れを知らないというのは、あのことやろうね」

 ボクシングは1回3分間戦って1分間休憩する。

 その選手はリングの上で一人立って練習していたが、相手は次々交代していった。

 驚くべきは、そのスタミナだった。

 「ほかの選手は1分間の休憩では2回、3回と戦ううちにスタミナが奪われ、スピードも落ちていく。ところが、あの男は違った。1分間休んだら、完全に元の状態にもどっている。常人にはない疲労の回復力をもっていた」

 こんな男と戦っても、とうてい勝つことはできないだろう。つまり、この男がいるかぎり、決して世界チャンピオンにはなれないに違いない。

 そう思ったら、プロボクサーの道をあきらめるしかなかったのだという。

 その男は結局、驚異的なスタミナを武器に相手に連打の嵐を浴びせ「狂気の人間風車」と異名をとって、のちに日本人で初めて世界2階級制覇を果たす。

 「ああ、いまも半年に1度くらい電話がありますよ。『先生、元気?』といって、思いたったようにかけてくるんだ」

 安藤さんにボクシングで生きてゆくことをあきらめさせた人物。それがファイティング原田(本名・原田政彦)さん(76)だった。

     □    □

 もちろん、プロの道をあきらめはしたが、安藤さんはいまもボクシングが大好きだ。

 人間として大事なものについて語るとき、「想像力と勇気とチャレンジ精神」や「勇気と独立自尊」といった言葉をよく用いる。

 そこには、青春時代打ち込んだボクシングの影響が色濃く現れているように思う。

 他人に依存することのないスポーツであるボクシングについて、安藤さんは以下のように書き記している。

 《試合までの何か月をその一戦にかけて、練習し、絶食をして減量、肉体と精神を鍛え上げていく。生命をかけて、孤独と栄光を一身に引き受けるという過酷なスポーツである》(安藤忠雄「自作年譜」)

 安藤建築からうかがえる強さと繊細さ、そしてストイシズムは、きっと若いころに親しんだこのスポーツに拠(よ)っているに違いない。

 《ボクシングで経験した、リングに飛び出して行くときの緊迫感、誰にも頼らずに、たった一人で闘わなければならない孤独感は、その後の創造の基調となっている》(同)

     □    □

 ボクシング記者のころから今に至るまで、相手が打ってきたら、必ず打ち合いに応じるような「勇敢なボクサー」が好きだ。そうしたボクサーだけが、リングの上での栄光の歴史をつくれると思っているからである。

 ちょうど、知人からの電話で話が途切れてしまい、この部分を聞きそこなってしまった。けれども、きっと安藤さんも、この考えには強く同意してくれるに違いないと思っている。

     ◇

 【プロフィル】正木利和(まさき・としかず) 産経新聞文化部編集委員。大阪新聞から産経新聞社会部、運動部、部長を経て現職。運動部歴25年目となった秋、念願かなって美術担当に。好きなものは以下の通り。富岡鉄斎の絵、ジャランスリワヤの靴、よく墨のおりる端渓硯(たんけいけん)、勇敢なボクサー、寡黙な長距離走者。当コラムはスポーツとカルチャーの話題を中心にすることからネーミング。おみしりおきを。

この記事を共有する

おすすめ情報