PR

【大阪国際女子マラソン】中野「まさかMGC出場権なんて」

PR

第38回大阪国際女子マラソン 4位でゴールする中野円花=27日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(彦野公太朗撮影)
第38回大阪国際女子マラソン 4位でゴールする中野円花=27日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(彦野公太朗撮影)

 2時間28分以内(27分39秒)で全体4位、日本人2位に入り、東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」への出場権を得た中野円花(まどか)=ノーリツ=は「まさかMGC出場権を取ったなんて、実感がない。MGC本番に向けて、速い選手と競えるようにやっていきたい」と上気した表情で話した。

 一方、2時間28分42秒の6位で惜しくもMGC出場権を逃した田中華絵(資生堂)は「2時間28分台を切れなかったのはよくなかった。もっといい状態で次にいけるようにしたい」。

 2時間29分3秒で7位の田中智美(第一生命グループ)は「スタートラインには元気に立てたけど、悔しい結果。応援する方々の期待に応えられなかった。何も考えられない」、8位の大森菜月(ダイハツ)は「(次に向けて)しっかり走れるよう頑張る」と前をみすえた。

この記事を共有する

おすすめ情報