PR

DeNA筒香嘉智「子供の将来、つぶれている」 外国特派員協会で会見

PR

日本外国特派員協会で会見したDeNA・筒香嘉智=25日、東京都千代田区の日本外国特派員協会 (戸加里真司撮影)
日本外国特派員協会で会見したDeNA・筒香嘉智=25日、東京都千代田区の日本外国特派員協会 (戸加里真司撮影)

 プロ野球DeNAの筒香嘉智外野手(27)が25日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見を開き「勝つことが第一に優先され、子供の将来がつぶれてしまっている」とスポーツ界の指導者の意識改革を訴えた。

 野球界では勝利至上主義が子供たちのけがにつながっていると批判。多くの大会がトーナメントで行われることを問題視し「連投、連投で肘や肩の故障が小中学生に増えている。メンバーが固定され、試合に出られない子供もいる」と話し、改善策としてリーグ戦の導入や球数制限の実施を掲げた。

 高校野球についても「昨年も球数の問題が出た。本当に子供たちのためになっているのか」と厳しく指摘。「新聞社が主催しているので、現状が良くないと思っている方がたくさんいても、なかなか思いを伝え切れていない」と問題提起した。

この記事を共有する

おすすめ情報