PR

ヤクルトのつば九郎が更改 報道陣少なさに激怒 交渉の公開拒否

PR

質疑応答Q.囲み取材に集まった報道陣の数が少ないようですが?=東京都港区(長尾みなみ撮影)
質疑応答Q.囲み取材に集まった報道陣の数が少ないようですが?=東京都港区(長尾みなみ撮影)

 ヤクルトのマスコット「つば九郎」が26日、東京都港区の球団事務所で恒例の契約更改に臨み、球団2位浮上への貢献が評価され、3000円増の年俸2万5000円プラス出来高払い(ヤクルト400とタフマン飲み放題)でサインした。

 つば九郎は報道陣のあまりの少なさに怒り心頭。某有名歌手にならってか「ぷらいどがじゃました」と交渉の公開を拒否し、サイン直後は「かべぎわにねがえりうってます」と寝そべるポーズで取材に応じた。

 ヤクルトで日本人最高年俸となった山田哲人内野手(4億3000万円プラス出来高払い)を上回る額を球団側に要求したが、あっさりと却下され、「かってにしやがれ」とふてくされた。今季の反省点にクライマックスシリーズで巨人の菅野智之投手にノーヒットノーランを許した点を挙げ、「らいねんはりべんじ にほんいち」を目標に掲げた。

この記事を共有する

おすすめ情報