PR

【レスリング】伊調選手へのパワハラを認定、栄和人選手強化本部長は辞任

PR

伊調馨選手へのパワハラ行為があったことを認め、謝罪する日本レスリング協会の福田富昭会長(右端)ら=6日午後、東京都内
伊調馨選手へのパワハラ行為があったことを認め、謝罪する日本レスリング協会の福田富昭会長(右端)ら=6日午後、東京都内

 女子レスリングで五輪4連覇を果たし、国民栄誉賞を受けた伊調馨選手(ALSOK)らが日本レスリング協会の栄和人選手強化本部長からパワーハラスメントを受けたとする告発状が内閣府に出された問題で、同協会は6日、調査を委託した第三者委員が、栄氏の言動の一部をパワハラと認める報告書をまとめたことを公表した。報告書の内容は同日、東京都内で開かれた緊急理事会でも示された。

 栄氏からは同日、選手強化本部長の辞表が提出され、理事会は受理した。栄氏は今後、代表選手の指導に関わらない。

 報告書では、平成22年2月の女子代表合宿に参加した伊調選手に、栄氏が「よく俺の前でレスリングができるな」と発言したこと、同年9月にモスクワで開かれた世界選手権で、伊調選手を指導していた田南部力氏に対し、伊調選手を指導しないよう圧力をかけるなど、4点の言動をパワーハラスメントと認定した。

 22年の広州アジア大会の女子代表選考をめぐっても、明確な理由なく伊調選手を代表から外したこともパワハラと認定された。

 第三者委員には、検察官出身の有田知徳氏ら3人の弁護士が選任され、伊調選手や田南部氏、栄氏らからの聞き取り調査を行っていた。

 協会は告発状が出された当初、パワハラの存在を否定していたが、理事会の後に記者会見した福田富昭会長は「レスリング協会の代表として、伊調選手とコーチ、関係者に深くおわびする」と陳謝した。

 協会は今後、内閣府とも協議し、常務理事である栄氏に対して処分を検討。再発防止策の策定、選手選考過程の透明性の確保、組織運営に第三者を加えるなど組織改革に取り組む考えを示した。

この記事を共有する

関連ニュース

おすすめ情報