PR

【高校野球】第3試合は明秀日立が瀬戸内に4-3で逆転勝ち

PR

明秀日立(茨城)-瀬戸内(広島) 9回、勝利して笑顔を見せる明秀日立先発・細川拓哉=23日、兵庫県西宮市の甲子園球場(撮影・甘利慈)
明秀日立(茨城)-瀬戸内(広島) 9回、勝利して笑顔を見せる明秀日立先発・細川拓哉=23日、兵庫県西宮市の甲子園球場(撮影・甘利慈)

 第90回選抜高校野球大会は23日、甲子園球場で36校が参加して開幕。1回戦3試合が行われ、明秀学園日立(茨城)、国学院栃木、聖光学院(福島)が勝って、2回戦に進んだ。

 春夏通じて初出場の明秀学園日立は1点を追う九回に2点を挙げ、瀬戸内(広島)に4-3で逆転勝ち。

 国学院栃木は序盤に3点を先行。3投手の継投で、英明(香川)を3-2で下して、18年ぶりの選抜勝利を挙げた。栃木県勢は春40勝目。

 聖光学院は3-3で迎えた九回に2点を勝ち越し、東筑(福岡)に5-3で競り勝った。

この記事を共有する

おすすめ情報