産経ニュース for mobile

【2018平昌五輪】韓国独特のトイレが改善? ゴミ箱撤去で汚さからお別れと思いきや、かえって不潔に

記事詳細

韓国独特のトイレが改善? ゴミ箱撤去で汚さからお別れと思いきや、かえって不潔に

2018平昌五輪更新
開幕まで秒読みに入った平昌五輪。現地のトイレ事情は改善された話を聞かない(AP) 1/3枚

 韓国では、トイレにゴミ箱を置くのが独特の文化だという。使用済みのトイレットペーパーなどを捨てるためだ。しかし、不衛生で臭いなどから韓国内でも以前から問題視され、五輪組織委員会は五輪への懸案の一つに「トイレの汚さ」を挙げていたと朝鮮日報は指摘する。それが1年の整備期間を経て、世界でも認められるほどの「清潔さを備えた」と同紙は1月13日に報じた。政府は昨年5月、公衆トイレなどに関する法律施行令を改正してゴミ箱の撤去を推進したが、いざ撤去すると、床はゴミであふれ、便器も頻繁に詰まる惨状に陥ったという。

<< 下に続く >>

 朝鮮日報によると、韓国行政安全省は法律施行令の改正で、今年から公衆トイレの便器横に設置されたゴミ箱を撤去することにした。韓国ではこれまで使用済みのトイレットペーパーを便器横のゴミ箱に捨てることがほぼ慣習化しており、雑菌が繁殖し臭かったという。実際、平昌で昨年2月に実施された平昌五輪プレ大会で、日本人観光客が汚いトイレの写真と「平昌五輪の際に気を付けなければならないトイレ事情」という説明文をインターネットにアップすると、瞬く間に拡散した。

 組織委は汚いトイレが改善されなければ、五輪本番で外国人選手らにスマホなどで自撮され、「韓国ってこんな国」などとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にアップされて「韓国のイメージはどうなるか」と懸念していた。

 韓国政府は平昌五輪を契機に外国人観光客を増加させたい意向だ。韓国文化観光研究院によると、平昌五輪に伴う観光産業の誘発効果は6684億ウォン(約668億4000万円)を見込み、さらに付加価値誘発効果は2799億ウォン(約280億円)、雇用誘発効果は9000人と試算している。汚いトイレをそのままにしておけば、これらの経済効果を削るマイナス要因の何ものでもないというわけだ。

 ところが、いざ撤去されると、短期間にトイレの床がトイレットペーパーなどであふれたというのだ。朝鮮日報によると、ソウル市内の公衆トイレは新年に入って全てのゴミ箱が撤去された。ゴミをどこにでも捨てる利用客が急増し、床はゴミであふれ、便器も頻繁に詰まるようになったという。

 今回に先立って昨年8~9月にゴミ箱を撤去したソウル市内の地下鉄の男女トイレでは便器の詰まりが、7月に648件だったものが、8月に1049件、9月には1448件と2カ月で2倍以上に膨れ上がった。便器からは使用済みのトイレットペーパーのほか、飲み残しのテークアウトのコーヒーカップや食べ残しのリンゴ、下着、携帯電話などが出てきたという。清掃担当者は「基本的なトイレマナーを守らない人が多い」と呆れるばかりだ。

写真ギャラリー

  • 平昌五輪の成功が政権に関わる韓国の文在寅大統領。トイレ事情が影響する可能性も(AP)
  • 台風による洪水で汚されたトイレ。韓国ではゴミ箱撤去で日常になったらしい(ロイター)